合格する志望動機の書き方|中学受験を成功に収めるためには親のサポートがポイント

合格する志望動機の書き方

先生と学生

どんなところを基準に採用しているのか

合格近づくためには、どのようなポイントを採用基準にしているのかを知っておく必要があります。その基準としてあるのが、どれだけの意欲がありその人にどれほどの可能性を秘めているかです。また、文章を書くことになるので文章能力も見られています。

良い志望理由書を書くには・・・

基本的に志望理由書の書き方に決まりはありません。しかし、4部構成にしておくと書きやすく読み手も見やすい内容となるでしょう。また、読み手のことを考えて多くても800文字程度に抑えておくのが良いです。

読み手に寄り添って志望理由書を書く

より良い志望理由書を書こうと思うと志望動機を濃くすれば良いというものではないのです。読み手のことを考えて志望理由書を書くことが大切になります。また、志望理由書に関する口コミがあるので参考に見て下さい。

志望理由書に関する口コミ

思いを素直に伝える!

「この学校に入りたい!」という熱い気持ちがあって、その思いを志望動機にして志望理由書を作りました。すると、思いが学校側に届いたのか合格を勝ち取りました!

最高のスクールライフが始まる

学校の雰囲気が楽しそうだなと思い受験を決意しました。その時に、志望理由書の提出があったので自分の考えをまとめて書きました。それが功を奏したのか無事受かりました!これから最高のスクールライフが待ってるぜ!

採用基準を知っておこう!

どんな志望理由書が良いのかと調べていました。そうすると、「採用基準に沿って書くと良いよ」といった記事を発見したので把握した採用基準に沿って内容を書きました。そのおかげか合格通知がきて最高の気分です!

学校へ行こう!

志望理由書を書く際に「学校の魅力を知りたい!」と思って学校へ訪問しました。訪問したことで学校の良さがさらに分かって、その経験が内容の濃い志望動機に繋がりました。ですから、学校へ出向いて実態を知るようにして下さい!

志望理由書は大事やで!

小さい頃から、ここで学校生活を送りたいって考えてました。せやから、志望理由書を読む人の印象に残るものにしようと思って作ったんですよ。その効果があってか、合格を勝ち取りました!毎度おおきに!って感じです!