人生で一回限りの中学受験

中学受験は、子どもの人生の分岐点となります。その為、子どもの力になれるようにサポートをしてあげましょう。そうすることで、中学受験は成功します。

志望動機と中学受験に関すること

教師と生徒

良い志望理由書にする

志望動機を書く志望理由書は、合否に大きく関わるものです。ですから、書き方ひとつで評価が変わる可能性もあります。その為、良い志望理由書にして高評価を得ましょう。

READ MORE
学生

塾の選び方

志望する中学に受かるためには、塾に通い合格ラインまで成績を上げる必要があります。しかし、この際の塾の選び方によって成績が思うようにに伸びるのかが変わるのです。ですから、子どもにあった塾の選び方が重要になります。

READ MORE
先生と学生

合格する志望動機の書き方

良い志望理由書をかければ合格の可能性が高まります。そうなるように、志望理由書の書き方を知っておくことが大切になるでしょう。

READ MORE
教材

効率よく勉強する

成績を上げようと思うとどれだけ効率の良い勉強ができるかが中学受験のカギとなります。その為、どのような勉強法があるのかを把握しておいて下さい。

READ MORE

中学受験の際の親の心構え

無理に勉強をさせない

勉強はやる気がないと身につきません。ですから、親が無理に勉強をしろと押し付けてはいけません。それは、逆効果になるので子どもが勉強しやすく、モチベーションが上がるような環境を作ることが大切です。

成績の上がり方は子どもそれぞれ違う

人によっては、成績が急に上がることがあります。しかし、逆になかなか上がらずに伸び悩むこともあるでしょう。しかし、成績が上がらないといって焦る必要はありません。これは、子どもによって伸びるタイミングが違うだけできちんと勉強を続けていれば、また成績は上がるので長い目で見守ってあげましょう。

勉強以外の興味を取り上げない

子どもは色々なことに興味を持ちます。しかし、中学受験の方が大事といって子どもが関心を持っていることを取り上げないようにして下さい。興味を持ったことをすることで勉強にも良い方向に向かうのです。また、関心を持ったことに挑戦すると新しい可能性を見い出せる場合もあります。

成功体験を癖つけてあげる

中学受験を成功するために日々勉強を進めていくと思います。ですが、子どもからして数年後の目標のために毎日努力することは辛いものがあります。その為、小さな目標を設定してその目標を達成できるようにして成功体験を繰り返すことが重要と言えるでしょう。

勉強以外で親がしてあげること3選

no.1

両親の意見を合致しておく

中学受験の際によくあるのが両親の意見が対立することです。両親の意見が分かれていると子どもは気にかけてしまいます。そうなると、子どもに悪影響を与えかねません。ですから、中学受験を考えた際には子どもを含めみんなの意見を合致させて万全の状態を作っておきましょう。

no.2

子どもが多感な時期をいうことを念頭に置く

中学受験のために勉強を行う時の子どもは非常に多感です。その為、ちょっとしたことでも敏感に反応してしまいます。その為、親は深く中学受験に対して介入する必要はありません。子どもの意見を尊重して、間違った考えがある時だけアドバイスをあげるようにして下さい。

no.3

リフレッシュをさせてあげる

毎日勉強をしていると子どもに関心する親御さんはたくさんいます。しかし、勉強をするのはもちろん良いことですがリフレッシュも必要となるのです。リフレッシュできる場所に連れていってあげることで、より勉強の質が高まります。

[PR]

小論文のテーマを学校ごとに紹介!
受験対策にピッタリ♪ 志望動機の書き方を徹底解説!
勉強の合間にも対策をしておこう

良い中学受験にしよう

勉学

中学受験は親と子どもの二人三脚で!

中学受験は、子どもが行うものなので「親のサポートはいらない」ということはありません。親のサポートがあっての合格が見えてきます。ですから、子どもが良い環境で勉強ができるようにしっかりとしたサポートをしてあげましょう。

伸び伸びと勉強をさせてあげる

子どもはやる気や集中力が続かない場合があります。その時に「勉強をしなさい!」と叱ってもベクトルは良い方に向きません。その為、休憩と勉強のメリハリをつけるように導いてあげるのが親の仕事と言えるでしょう。そうやって、子どもが伸び伸びと勉強ができるような環境作りを試みて下さい。